smarticA!DMP活用例
「親和性スコア」を用いて自動で顧客セグメント作成

シンプルな運用

高精度なスコアリング「親和性スコア」を用いてスコアが高い顧客を選択するだけで、最も反応の高そうな顧客を抽出することができます。 従来の顧客セグメンテーションは、性別や年代、購買回数、購買金額、最終購買日などさまざまな要素を用いるため、煩雑になりがちでした。親和性スコアを用いたターゲット選定では、自動でスコアが計算されるため、ターゲットの抽出がシンプルになり、マーケターの業務が効率化されます。

親和性スコアとは

顧客と、自社(ブランド・カテゴリ・商品)の親和度を測るためにALBERTが独自開発した指標です。従来の顧客セグメンテーションに代表されるRFM分析では加味することのできなかった行動データを、購買データや属性データと共に総合的に分析することで、親和度を定量的に把握し、評価することができます。

可視化

BIツールにて、効果測定ができます。アクティブ顧客がどこに何人いるかが可視化されることで、ターゲットを明確にし、見込み顧客を見つけ出すことが可能です。

お問い合わせはこちら
お電話はこちらお電話でのお問い合わせ 03-5909-7525
受付時間
平日10:00~18:00
お問い合わせはこちら