smarticA!DMP活用例
ユーザーの求めるタイミングで最適な情報を提供する

顧客コミュニケーションにおけるメールの課題

Webサイトに会員登録したり、一度何かを購入したりすると、毎日のようにメールが届き、初めは興味を惹かれる内容であっても配信頻度の多さに辟易して登録を解除した、退会したという経験は、誰しもあるものです。もし、送られてくる内容が全く興味のないものであれば、よりいっそう迷惑な情報となってしまいます。

一方、Webサイト運営者はメールを配信することでユーザーの興味を惹き、Webサイトへの訪問や商品の購入を促すことを必要としていますが、原稿の作成や配信システムの管理等の業務に追われ、ユーザー一人ひとり個別に価値ある情報を配信することがなかなかできないという課題を持っています。 また、会員登録時に得た、性別や年齢、居住地域等の属性情報や、登録時にアンケートとして取得した趣味・嗜好に関するデータから絞り込み配信をするということも多く行なわれておりますが、登録時から時間が経過するとそれらの情報はそのユーザーの特性を把握しているとはいいがたい状況も出てきてしまいます。例えば、登録上は女性でも家族のために男性物を購入するユーザーも中にはいるかもしれません。そういったユーザーに女性だからといって女性物ばかり推薦してしまうと、ユーザーが離れていくことになりかねません。

メールマーケティングの理想像

ユーザーとの理想的なコミュニケーションとは、「ユーザーの求めるタイミングで、興味を惹く情報を提供する」ことです。
最適な顧客コミュニケーションを実現するにあたり、ユーザーの行動履歴を様々な角度から分析し、ユーザーが「いつ」「どのような」情報を求めているのかを理解することが必要です。

メール配信の仕組み

ユーザー別の閲覧履歴データ、購買履歴データ、メールマガジンへの反応データ等、アクションデータをALBERTのレコメンドエンジンへ提供していただくと、分析結果に基づき、ユーザーごとに最適な推薦ルールを自動でメール配信システムへ提供いたします。配信担当者側では、煩雑な配信設定ファイルの取り込み等を行なう必要がなく、いつでも最適化された商品をユーザーに推薦することが可能です。

お問い合わせはこちら
お電話はこちらお電話でのお問い合わせ 03-5909-7525
受付時間
平日10:00~18:00
お問い合わせはこちら