smarticA!DMP活用例
最適化したプリントメディアで顧客にアプローチ

最適化したプリントメディアで顧客にアプローチ

ユーザーの目に触れやすいDMやチラシ、カタログなども最適化してユーザーごとにアプローチすることで、興味をもってもらいやすくすることが可能です。
これらのプリントメディアは、Webサイトへの訪問や新たな購買へのキッカケとなる役割を担っているといえます。

DMの最適化

ダイレクトメールとは、郵便や宅配、E-mail等で直接相手に伝える手法全般を差しますが、ここでは郵便や宅配等で印刷物を届けるダイレクトメールの最適化についてご説明します。

ダイレクトメールは、郵便・宅配であるためE-mailと比較するとよりユーザーの目に触れやすいという特性があり、顧客コミュニケーションの手段として多くの可能性を持っています。
印刷技術、ITの進化により、印刷物を印刷し、送付するコストは近年とても低くなりました。そのため、より多くのユーザーに送付したり、高頻度に送付することが可能となりました。また、性別や年齢で送付する内容を分けたり、パーソナライズされた内容を送付することも多く行なわれるようになりました。
一方で、最適なタイミングに最適な情報を送付できているかについては常に課題とされています。日々、多く受け取る郵便物の中で、手にとってもらい、興味をもってもらう内容でなければかえってユーザー離れを招くことになりかねません。
smarticA!DMPでは、ユーザーの行動データや商品データの深い理解に基づき、ユーザーにどのようなダイレクトメールを送付するべきかを分析し、最適なダイレクトメール送付のルールを策定いたします。
ユーザーの行動データ分析を行なうと、これまでになかったことを発見できることがあります。例えば、しばらく購入のなかったユーザーが再び購入するきっかけとなった商品やタイミングなどが見出せたり、ユーザーが興味を持ちそうな情報を予測することが可能となります。それらを優先して送付するルールをソリューションとして提供します。

チラシの最適化

商品を郵送する際、かなり高い確率でユーザーの目に触れるのが納品書、請求書等の書面や、同梱のチラシです。これらのプリントメディアに、ユーザーが購入した商品や、それまでの購買行動に基づいて最適な情報を案内することで、ダイレクトメールと同様、ユーザーの次なる購買へつなげることができます。ユーザーにとって興味のある内容であることはもちろん、案内されて納得感のある情報であることも重要です。ユーザーと確実にコンタクトできるタイミングにおいてこそ、最適な情報を提示することは不可欠です。
smarticA!DMPでは、ダイレクトメール同様、データへの深い理解と分析力を用い、ユーザーごとに最適な情報を提案します。

カタログの最適化

ユーザーが商品を選定するシーンは多種多様です。カタログを見ながら商品選定をし、注文はインターネットで行なうというユーザーも多く、インターネット通販においてカタログの果たす役割は非常に大きいといえます。とはいえ、カタログには「分厚い」「重い」「情報が多すぎる」といった課題もあります。多大なコストをかけてユーザーのポストにカタログを届けても、見ないで捨てられてしまっては、送付した意味がありません。食品しか買わないユーザーに洋服やインテリアのカタログを送っても、購入される可能性が無いのであれば、その費用は他のマーケティングに使ったほうが有意義です。smarticA!DMPは、カタログ発行のタイミング、ユーザーの購買行動、商品の特性等を深く分析し、ユーザーに最適なカタログをお届けするルールーを策定します。

お問い合わせはこちら
お電話はこちらお電話でのお問い合わせ 03-5909-7525
受付時間
平日10:00~18:00
お問い合わせはこちら